きた日誌

2017.08.16更新

夏季休診でお休みをいただき、ご迷惑をおかけしましたが、本日より診察を再開します。

近畿圏内での帰省なので、渋滞などにまきこまれることもなく、あらためて自身のエネルギーもチャージさせてもらえました。

帰省すると、日ごろの精神的、肉体的な滞り・つまりから解放されますね。毎日、電子機器類に囲まれて、情報氾濫の中で生活していると、”知らないあいだに” 心も身体も疲れ、かたくなり、氣血水の流れが滞っています。これが、五感全てをつかって開放・解放されるのが実感できます。

 

秋の収穫にむけて、稲穂も首(こうべ)を垂れはじめていました。

稲穂

 

メダカは、陽の光を浴びながら、澄んだ水の中で、元気に泳いでいました。ふと見ると、あまりに澄んだ水中では、泳ぐというよりも、飛んでいるようにも見えます。どちらかというと、葉に映る 魚たちについて動く影に見とれていました。

メダカ

 

さらに、毎年祖父母が作っている梅干しの色、かおりは格別でした。梅は、クエン酸やリンゴ酸など抗菌作用のある有機酸が多く含まれ、特にクエン酸には疲労回復の効果があるとされ、その他、胃腸機能・肝機能を高める働きがあるといわれています。

また、今年は申年ではありませんが、「申年にとれた梅は、縁起が良い」といわれ、平安時代に悪疫が流行したある申年の年に、当時の天皇が、梅干しで病を治したという説に由来するようです。

梅干し1

 

都会ではなかなかできない ”アーシング” ”サンゲイジング” もしっかりとやってきました。これだけ電子機器に囲まれていると、電磁波の影響を受け、身体に電気をため込まないはずはありません。患者様でも、そうした影響をうけて、耳鼻科では耳鳴り、めまいをはじめ、身体の不調をきたしているケースを多く見受けます。

当クリニックでも、バイオレゾナンス、アーシングマット、還元電子治療、さらには水素療法など、電磁波対策、アーシングに取り組んでいます。もちろん、いろいろな対策はあるのですが、しっかりと大地に素足をつけて、不必要な電気を放電し、必要な電子を取り入れるアーシングにまさるものはないと思います。

ここに挙げた治療法は、受診された際にお話ししていますが、ぜひみなさんには お金のかからない治療法、アーシングをおすすめします。

アーシング

 

旅行に行く楽しみもさることながら、お家での夏もまた、すばらしいすごし方だと思います。

 

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら