きた日誌

2018.04.21更新

先日、監修をさせていただいた TJ MOOK 宝島社 『もうくり返さない!副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎を一気に治す!』

の広告が、読売新聞一面に掲載されています。

読売新聞広告

発売後も、市内だけでなく、市外から多くの方に来院いただいています。繰り返しになりますが、慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎、慢性上咽頭炎、後鼻漏、のどの違和感・異物感でお悩みの方は、ほんとうにたくさんおられます。ほとんどの方が、

”どの病院でも異常がないといわれた” 

”どの診療科にいっても問題ないといわれた” 

”なんでもかんでも抗生物質が処方される” 

”なんどもCT、MRIを撮られるだけ”

”心療内科・精神科をすすめられる”

などと、おっしゃっています。

もちろん、雑誌をお読みいただくだけで、当院を受診していただくだけで、すべて解決、ということにはならないのでしょうが、不調から脱するきっかけ、スタートになるように、

●まずは、病気や症状についてご説明して、ご本人にきっちり理解してもらう

●適切な、必要最低限の検査、診断を行う

●通院による処置はもちろん大切だが、セルフケア、食生活などの大切さをお伝えして、実際の対処法をアドバイスをさせてもらう

●くすりの使用も必要最低限に

などをお話ししています。症状改善の一助になりますように。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら
Doctorsfile