きた日誌

2019.02.15更新

『女性自身』2019年2月26日号

『わかさ』2019年4月号

それぞれに記事を掲載していただいています。この季節は、花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎の記事依頼をいただいています。

女性自身

 

わかさ

花粉症のシーズンとなり、症状が出ていないけれど薬を服用される方、レーザー治療を受ける方、すでに症状が出始めている方、色々なセルフケアを取り入れて対処している方

対処法は様々です。

私個人は、花粉症症状があまり出なくなりました。各種花粉を避けることに加えて、鼻うがい、セサミオイル・ソンバーユなどのオイルやコパイバマリマリ聖木樹液、ホメオパシー、食材(腸内環境改善・オメガ3オイル、マグネシウム、LPS、ビタミンD、A…)、アーユルヴェーダではカパドーシャの乱れに気をつけた生活

などを取り入れて以降、粘膜が強化され、いわゆる免疫力が向上しているようです。

薬はあくまでも、出ている症状を止めることに変わりありません。日々のセルフケアにも気を配りながら、少しでも快適な春を楽しみたいですね。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら
Doctorsfile