きた日誌

2017.10.16更新

ふと振り返ると、最近 素手、裸足で大地に触れた記憶があるでしょうか?

家で朝 目を覚ます。靴を履く。アスファルトの道を歩く。電車・車に乗る。そのまま勤務先に行く。

専業主婦の奥さんは、車や自転車で買い物に行く。たまのお休みに出かけるときも、もちろん、靴を履き、車で出かけるが、ほとんど素手、裸足で大地に触れることはないでしょう。

一方、日常は電気、磁気、電磁波の飛びかう社会。家では、テレビ、電子レンジ、IH調理器、スマホ。通勤・通学中は、電車の中で、自分が使わなくても、周りはみんなスマホを見ている。お勤めがある方は、パソコンはもちろん、車も電気自動車…。

まさに『エレクトロスモッグ』の中に生活しています。

クリニックで身体電圧測定器を使って、測ってみると、自分の身体も帯電。電気まみれ。

身体電圧測定器

現在学ばせてもらっているバイオレゾナンスでは、電磁波の影響をとても重要視します。実際に、耳鼻科診察をしていても、そう言った影響を受けている方をたくさん見受けます。すべてとは言いませんが、めまい、耳鳴りなど、こうした症状の原因に、電磁波の影響が少なからずあるようです。

患者さんにも、そうしたお話をさせてもらい、あらためて、大地にアースする必要性をお伝えしています。

アーシング

なかなか、最近はコンクリート、アスファルトばかりで、家の周辺を見渡しても、土、砂、川、樹木と直接触れられる場所すら少ないですね。ぜひ大地にアーシングして、自身の身体から電磁気を解き放ちましょう。デトックスは、食事だけのものではありません。

”デジタル”デトックスも、健康への第一歩ですね。

アーシングを実践して、その大切さを伝えておられる、エハン・デラヴィ先生とお会いし、お話をうかがう機会がありました。さすが、アーシングを実践されているエハン先生は、情熱的で、ほんとうに身体、心に溜まっているものがない、清らかな氣を発しておられました。

エハン先生

 

11月3日の香寺ハーブガーデンへのツアーも、多くの方にご参加申し込みをいただいています。まさに ”大人の遠足”ですね。

ハーブの香りを楽しむ。

鳥のさえずりをきく。

緑を感じる。

土、木に触れる。アーシング。

スマホをおいて、デジタルデトックスをする。

0と1のデジタルな世界から離れ、自然のゆらぎに身をまかせる。

自然の食を、感謝しながらいただく。マインドフルネス。

それぞれの世界を堪能していただきたいと思います。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.10.06更新

第3回になりますが、楽健法@きたにし耳鼻科 を開催しました。

今回も遠方から、初参加の方、男性…など、多くの方にお集まりいただきました。

楽健法3

楽健法を創始された山内宥厳住職は、いつもみてもお元気で、毎回力をいただけます。

楽健法施術風景

山内先生も書籍で触れておられますが、

『足は地面に接するところなので、手にくらべて、不浄視する人が多いのですが、足は手よりもよほど上等で美しいものです。

手は金銭に振れたり、不浄なものにさわったりしますが、足は手のように、自らの欲望の手先にはなりません。…』(「二人ヨーガ楽健法」より引用)

手にも毎日たくさんの仕事をしてもらっていますが、あらためて、私たちの身体を支え、大地と接してそのエネルギーを吸収し、からだから電磁気など、要らないものを排泄してくれる”足”の大切さを、この楽健法を通じて教えられているように思います。

山内先生、サポートして下さった方々、ご参加の方々、ありがとうございました。次回以降も、楽しみです。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.09.16更新

このたび、一般社団法人 日本ホロス臨床統合医療機構を立ち上げることになり、設立時の理事として参加させていただくことになりました。

当機構は、

1.統合医療を実践するのに必要な正しい知識を得るための教育、人材育成

2.質の高い統合医療を提供するための安全性・有効性についての研究活動

3.統合医療に携わるものが医療の枠組みを超えて連携し合える体制づくり

この3点を主な目的としています。くわしくは、機構ホームページもご覧ください。

 

5月の奈良に続き、今回11月には、機構の取り組みとして 姫路市夢前町へのツアーを企画しています。

代表理事である森嶌先生、私もご一緒します。

ご興味のある方はぜひ、ハーブガーデンでの自然とのコミュニケーション、アーシングを楽しみましょう。

以下に、現時点で決まっている内容をお示しします。

ご参加希望の方、内容のお問い合わせなどは、

・当院トップページにある、「お問い合わせはこちら」より、メールで

・電話、ファックス

などに、ご連絡ください。

ツアー詳細は、以下の通りです。

<Time Schedule>
12:20
姫路駅 北口 バス停(山之内行き)集合

12:35
姫路駅出発
※姫路駅までは各自集合でお願いします。
また、公共交通機関を利用して現地まで行くので、時間厳守でお願いします。

13:20
山之内バス停着

14:30-15:00
健康チェック&ハーブ商品買い物タイム
今回のツアーに参加された前後でお体がどのように変化したかを検査するために健康チェックを実施します。お待ち頂いている方は、レストラン併設のショップで自然栽培のハーブから作られた商品をご覧いただけます。

15:00-16:30
香寺ハーブガーデン工場見学、ハーブ畑散策
ハーブの商品を作っている工場では、レモンマートルなどの香りを抽出している工程をご覧頂く予定です。新鮮な香りを楽しんで頂けます。時期的にハーブは少ないのですが、有名な「目薬の木」の紅葉が見頃かもしれません。

16:30-17:00
健康チェック&ハーブ商品買い物タイム

17:15
山之内バス停出発

18:00
姫路駅解散

日時:2017年11月3日(金・祝)
参加費:8,000円(姫路駅からの交通費・食事代込み)
場所:香寺ハーブガーデン(兵庫県姫路市香寺町矢田部689−1)
定員:20名(※先着順)
応募締切:10月27日(金)まで 
※最低催行人数の8名に達しない場合、開催を見送りする場合があります。
応募方法:お電話(06-6991-1000:担当井村)またはメールにてご応募ください。
お支払方法:10月27日(金)までにお振込み頂きます。
振込先は申込終了後にご案内します。尚、お振込み頂いた参加費はご返金できかねますことをご了承ください。

 

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.09.11更新

私が代表世話人をつとめさせていただいている、第4回シャーラーキャ・タントラム研究会のご案内です。
今回は、“しか”をキーワードに、他のセミナーなどでは聴くことのない内容を含め、各領域の先生方にご講演をいただきます。知識・情報の収集もさることながら、各演者、参加者の方々とのご縁が広がる会にしたいと思います。ご参加のほど、よろしくお願いします。
                                   
第4回 シャーラーキャ・タントラム研究会
テーマ『 “しか”にまつわるお話 』
●日時 : 平成29年11月12日(日) 13:00〜16:00
●会場 : 新大阪丸ビル新館306号室(大阪市東淀川区東中島1-18-27)
JR新大阪駅東口から徒歩5分
※なお丸ビル本館・別館など似た名前のビルがございます。お間違えないようご確認ください。

13:00 研究会開催挨拶 北西 剛(学会理事、研究会代表世話人)                                    

13:05~13:35 講演1「石垣島(いしがきじま)アーユルヴェーダ薬草園 視察旅行報告」 

大阪アーユルヴェーダ研究所 吉田未来・イナムラH.シャルマ(アーユルヴェーダ)

13:35~14:15  講演2「シカを愛でる(めでる)作法」        
愛deer料理教室主宰 林 真理(食・料理)

―休憩 10分―

14:25~15:05 講演3「歯科(しか)と睡眠時無呼吸~そのいびき大丈夫ですか?~」
たろう歯科クリニック 後藤基宏(西洋医学・歯科)

―休憩 5分―

15:10~15:50  講演4「女性にしかわからない、更年期、ゆらぎ期のはなし」
まつおかレディースクリニック院長 松岡 徹(西洋医学・産婦人科)
15:50~16:00  質疑など

閉会 挨拶   日本アーユルヴェーダ学会副理事長 イナムラ H.シャルマ

以下に、注意事項を追記させていただきます。
●申込み方法について
ご参加には、事前予約が必要です。下の申し込み先まで、メールもしくはFAXでご連絡ください。
その際に、各出席者ごとに
・お名前
・ご住所(郵便番号を含む)
・連絡がつく電話番号
・今後連絡に使用させていただくことができるメールアドレス
を明記してください。

申し込み先: サロン・ド・ ミラナ   TEL/FAX: 075-811-3393
Mail: shalakya.tntrn@gmail.com

●参加費について
入会金1000円、参加費3000円となっています。
◇これまでの研究会にて入会金1000円をいただいている方 今回の参加費3000円
◇はじめてご参加の方・これまでに入会金をいただいていない方 参加費と入会金合計4000円
上記いずれかに該当する金額を下記口座に事前振込いただきます。
ゆうちょ銀行 四一八支店(ヨンイチハチ支店) 普通3706389
口座名義 キタニシツヨシ
※申し訳ありませんが、振込手数料は各自ご負担ください。
※ご入金の確認がとれた時点で、申し込みとさせていただきます。

●プログラムの講演者ならびに講演順は、諸事情により予告なく変更される場合がございますが、ご了解ください。

●定員(約40名を予定)に達しました時点で、受付は終了させていただきます。当日、直接会場にお越しいただいても、お入りいただけない場合もございますので、ご了解ください。

●第3回シャーラーキャタントラム抄録集を当日販売いたします。1冊1000円
尚、第一回、二回のバックナンバーもございます。

事 務 局  きたにし耳鼻咽喉科内  Mail: tkitanish@yahoo.co.jp
           〒570-0004 大阪府守口市淀江町3-7 メディトピア守口2F
       TEL: 06-6902-4133 FAX: 06-6902-4134 

 

第3回研究会後の写真です。

第3回シャーラーキャ研究会

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.09.06更新

10月21日(土)は、学会出席のため 午後12時半までの受付となります。

ご了承ください。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.09.02更新

以下に、楽健法、ヨガレッスンについてご案内していますが、9月15日時点で、ほぼ満席となりました。

今後、ご参加希望の場合、お申し込みいただいても、お受けできない場合がありますので、よろしくご了解ください。

お申し込みいただいた場合、ご参加可能か、お返事させていただきます。

 

今までも、ご指導歴の長い、素晴らしい氣をお持ちの、お二人の先生をお招きして行ってきた、

●楽健法@きたにし耳鼻科 

●ヨーガレッスン@きたにし耳鼻科

のご案内です。これまで参加されたことがある方はもちろん、はじめての方も大歓迎です。

様々な不調を抱えておられる方はもちろん、からだを動かしたい、スッキリしたいなど、どんな方もご参加できます。

病院では、病気の原因に対して、「ストレスが原因ですね」「ストレス解消してください」といわれることが多いと思いますが、では実際に、どうしたらいいのか、お困りの方を多くみかけます。特に、こうした方に、お受けいただきたいと思っています。

単なる施術、からだを動かすというだけでなく、先生がたのお話、ことば、氣・波動、参加されているみなさんの発する場の雰囲気などなど、受け取っていただくものは、たくさんありますね。

 

10月5日(木)午後1時30分ころから 楽健法@きたにし耳鼻科

東光寺 山内宥厳住職をお招きして、ご指導いただきます。初めての方ももちろんご参加いただけますので、電話・ファックス・ホームページのトップにある「お問い合わせはこちら」のメール などから、お問い合わせ、お申し込みください。


●日時:10月5日(木)午後1時30分より
●場所:きたにし耳鼻科内(場所はHPなどをご覧ください)
●参加費:お一人2500円(当日現金のみのお支払になります)
●内容:特に、男女、年齢など、参加の制限はありません。どなたでもご参加いただけます。院内でも着替えることはできますが、動きやすい服装でおこしください。二人一組のペアで行いますが、お一人でのご参加もかまいません。おおよそ3時間前後になります。
●楽健法について:二人ヨーガとも呼ばれる楽健法は、山内宥厳先生が創設された、二人組になって、足で踏みあう健康法です。足の付け根、太ももの内側など、山内先生のご指導のもと、各部を踏んで、ほぐすことにより、循環が良くなり、老廃物が流れます。ご家庭でも、お互いに健康になれる、場所もお金もかからない、素晴らしい健康法です。

 

②10月19日(木)午後1時30分ころから ヨーガレッスン@きたにし耳鼻科

山本ヨガ研究所 山本正子先生をお招きしての、ヨーガレッスンを予定しています。参加ご希望の方は、上記楽健法と同様、電話、ファックス、メール(トップページにある「お問い合わせはこちら」から)などで、ご連絡、お申し込みください。


●日時:10月19日(木)午後1時30分より
●場所:きたにし耳鼻咽喉科内(場所はHPなどをご覧ください)
●内容:経験の有無、性別などは問いません。いろいろな不調があり、体を動かしたい方や、ヨガなどのレッスンは受けたいけどどこに行けばいいのかわからない、という方は、特にご参加ください。
おおよそ90分のレッスンで、レッスン料2500円(当日現金のみ)となっています。動きやすい服装でおこしください(院内で着替えることもできます)。その他の持ち物は特に必要ありません。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.09.01更新

秋のセラピーツアーでお世話になる予定の、姫路市夢前町山之内にある自然食レストランにおじゃましてきました。

レストラン

大阪からもさほど遠くはない姫路市夢前町山之内地区では、「食と農と健康の郷」を コンセプトに、ハーブ生産や加工品開発、都市農村交流など、地域創生に取り組んでおられます。そこに、健康レストラン『 且緩々(しゃかんかん)』があります。

レストラン1

レストラン2

実際のセラピーツアーでは、ハーブ、坐禅・瞑想など、色々な企画もご用意いただけるようで、とても楽しみです。

ハーブを栽培するにいたるお話をお聞きして、ほんとうに心をこめて育てられていて、氣を感じることができました。

また、お店の名前 且緩々(しゃかんかん)ですが、行くまでは何も知りませんでした。

禅語で あわてないで あせらないで 落ち着いて 肩の力をぬいて

そんな意味だと知りました。ことばの意味、響き 素晴らしいですね。疲れたり、頑張りすぎている自分を感じたら、ぜひこのことばを思い出し、心でつぶやいてくださいね。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.08.28更新

 2007年に、太田成男先生が、分子状水素(H2)が医学的に応用可能であることを示唆する論文を発表されました。その後のいろいろな研究から、水素の抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗細胞死作用、エネルギー代謝促進効果などが明らかになり、様々な疾患の予防や治療にと、期待されています。

さらに、水素吸入治療法が厚生労働省の先進医療Bとして、2016年11月30日に承認されました。心肺停止後の蘇生後に患者に水素ガスを吸入させ、生命を護り、さらに脳機能を護ることで、社会復帰をめざす革新的な治療法です。

 耳鼻科分野では、内耳のフリーラジカルに対する防御機能としての論文など、研究がすすんでいて、私のクリニックでも、患者さんにご説明をし、ご了解を得て、水素吸入療法を行っています。私自身も、少し疲れ気味のときには、水素吸入で視界がすっきりして、調子がよくなります。なかなか、水素のみの効果を判断することは難しいですが、からだの酸化指数が測定できる機器では、酸化指数の改善が見られ、実際に難聴などの改善も見られています。

 こうした結果などを含めて、今回立ち上がった水素の研究会の世話人に推薦いただき、早速ですが、耳鼻科領域での効果を発表してきました。各科、各領域からのお話は、とても参考に、勉強になりました。まだまだ、研究段階ではありますが、予防や、各疾患の治療ツールとして、大いに期待しています。

すいそ21発表

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.08.23更新

9月30日(土)は、臨時休診となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.08.21更新

バイオレゾナンスアカデミー基礎講座認定の 振動測定士の資格を取得することができました。

振動測定士

 バイオ=生体 レゾナンス=共鳴 という意味です。物質にはそれぞれが持つ周波数が決まっていて、ヒトの臓器も、それぞれ周波数があります。健康なときと、いわゆる病気のときでは、周波数が変化します。そうした周波数を調べることで、不調な臓器やその原因を特定していきます。また測定に加えて、その周波数を調える=ハーモナイズすることもできます。ドイツで開発された波動測定器は、ドイツ国内だけではなく世界で使用されています。今回、その振動測定士の資格を得ました。

 症状があらわれたり、目に見えて身体の変化が出たり、通常の検査で異常値が出たときに、はじめて私たちは ”病気”ですね、という判断をします。もちろん、正しい判断ではありますが、いろいろな不調は、決して、症状が出る・目に見えた変化が起こることばかりではなく、さらには通常の検査で異常がない不調がとても多い、ということも、経験的に感じています。

 そうなると、どうしても「検査では異常はないですよ」「気持ちの問題でしょう」といわれます。しかし、そうした場合でも、臓器の周波数には、しっかりと変化があらわれていて、バイオレゾナンスのレベルでは、捕らえることが可能です。さらに、通常では評価しにくい原因である、感染や重金属、電磁波・住居 特に寝室の影響までも含めて、チェックし改善していくことができます。今後、こうした手法も取り入れて、不調の原因をさぐり、からだの周波数をハーモナイズして、健康な生活へのお手伝いができるように、とすすんでいこうと思います。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

前へ
TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら