きた日誌

2014.03.17更新

昨日は清澄庭園で、マインドフルネス ワークショップ&トークセッションに参加してきました。
実際にプログラムを指導していただいた北山先生をはじめ、関西学院大学教授の池埜先生、さらに近著『アップデートする仏教』などで知られる藤田一照さんのお話は、とても面白く、あらためて自身の生き方に影響をいただきました。



いつも会でご一緒する方や大学時代の同級生、また同じ耳鼻科ではじめてお会いできた先生など、いろんな方との出会いもまた、こうした集いのいいところですね。

会が終わった後の食事会でも、一照さんから、ご自身の手術体験や、耳鳴りの話などが聞けて、とても楽しかったです。

マインドフルネスということば自体、だんだんと認知されるようになり、ことばだけが少し独り歩きし始めている感じもありますが、こうしたお聞きした話をもとに、さらに日々の実践に取り組んでいきたいと思います。坐禅、瞑想という単語を聞くだけで、ちょっと怪しげな...、という印象を持つ方もまだまだ多いようですが、自身の心のありよう、ひいては生き方に通じる考え、実践として、とても奥が深い、素晴らしいものだと感じています。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2014.03.15更新

学位授与式が行われ、医学博士号 学位記をいただきました。
周囲の方の支えに感謝し、取得後の周囲の方々の祝福で、あらためて実感がわいてきました。



昨今、STAP細胞の先生の博士論文が問題になり、ちょうどこの時期に博士号をいただいたので、気になって見てしまいます。ことの真偽はわかりませんが、疑義がかけられている事態は残念に思います。発見内容が素晴らしく、画期的であっただけに、健康に寄与する研究成果として、きっちりとした形で世に出ればうれしいですね。

医院もこの春から10年目を迎えさせていただきます。開業するときに、先輩の先生からいただいた、『目の前にいる患者さんを大切に』ということばをもって、日々の診察をしてきて、あっという間でした。また、通常の診察、治療では対応できない症状や疾患に対しても、いろんな先生のところに出向いてお聞きした治療法を取り入れ、少しずつ成果があらわれていることもうれしく思います。

今年、来年とスケジュールいっぱいで忙しいのですが、がんばって取り組みたいと思います。今日からは東京に泊まりで、マインドフルネスのワークショップ参加です。

ワークショップ自体もさることながら、大学時代の同級生や、別件で知り合った先生に初めてお会いできること、会場の清澄庭園にうかがえるのも、楽しみにしています。
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/access033.html

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら