きた日誌

2014.05.21更新

雨のなか、外でずぶぬれになって、低体温。
一瞬みると、まったく動かない。

「もう、死んでるのかsign01

すぐにCCUに搬入し、あたためる。
震えていた、冷たいからだが、すこしづつ温かくなってくる。

だんだんと、手足を動かすようになってきたsign01





すいません。医院の裏で生まれたネコちゃんでした。Cat Care Unit 略してCCUcat






なんとか峠をこえて、かわいい声で泣き出しました。

親もとへ返せるか、引き取り手が見つかるか。


以前、子供たちと見て号泣した、『ひまわりと子犬の7日間』を思い出しました。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2014.05.19更新

昨日は、胎盤臨床医学会でのパネルディスカッションに、パネリストとして参加させていただきました。
やはり、プラセンタ治療をされている先生のご興味は婦人科、整形外科領域の病気に集中していましたね。ただし、耳鼻科でもとても有効例があり、症状に苦しむ患者さんの一助になればと思っています。今回も、いろいろと勉強になりました。

日中は汗ばむ陽気で、冷房も使おうか、という季節になりましたが、先週、今週と、いまだインフルエンザは、しぶとくいますね。当院でも陽性患者さんがおられました。例年、冬にしかいないわけではなく、流行しないだけで、この季節でもかかっている方はおられます。

6月には、アーユルヴェーダセミナーでも講演させていただく機会があります。講演、研究会などに参加すると、いろんな科、いろんな領域の先生や関係者の方と話すことができ、勉強になるとともに、まだまだ吸収したいことばかりです。

子供たちには宿題しろsign01と怒ってしまいますが、自分の出版原稿やスライド準備はなかなか進まず、自身のこととなるとまた別ですねえsweat01

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら