きた日誌

2016.11.21更新

先日 福岡伸一先生のセミナー第2弾に出席してきました。あらためてご紹介する必要もないと思いますが、動的平衡、生物と無生物のあいだ、フェルメールなどで著明な分子生物学者でいらっしゃいます。日本、世界とお忙しい先生のご講演をお聴きする機会は、とても貴重です。

 

福岡伸一先生セミナー201611

 

今回は、「キヌレニン回路」を中心にお話しいただきました。グルタミン酸というアミノ酸は、大切な神経伝達物質でもありますが、特に耳鼻科医にとっては、グルタミン酸は、聴覚の主要な神経伝達物質として、とても興味深いアミノ酸です。

 

そのグルタミン酸の受容体を刺激する物質の一つが、キヌレン酸という物質で、その代謝経路が、キヌレニン回路ということになります。

キヌレニン回路HPより

 

精神疾患の中には、このキヌレン酸、キヌレニンの生成・代謝が原因ではないかと考えられているものもあり、今後も注目される物質です。またこの経路ででてくる物質、酵素が、抗がん、アンチエイジングとも関連していると考えられていて、現在研究者の間でも注目されているとのことでした。

 

福岡先生講義

 

聴覚神経伝達物質であるグルタミン酸と関連するキヌレン酸が、今後難聴、耳鳴といった症状の原因解明、治療につながっていくことも、興味をもってみていきたいと思いました。

 

難しい内容を、とてもわかりやすくご説明される福岡先生のご講演を、今後も楽しみにしています。

 

 

 

 

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2016.11.18更新

昨日 ヨガレッスン@きたにし耳鼻科 を終えました。

ご参加のみなさま ありがとうございました。今回も、山本ヨガ研究所 山本正子先生にご指導いただきました。

アーユルヴェーダ学会以降 たいへんお世話になっている先生です。先生は、雰囲気、声、トーン、お考え、すべてが、ひとを心地よくさせる、癒しの氣、波動をお持ちで、いつもレッスンを楽しみにしています。

山本正子先生と

レッスン写真

前回は、「鼻ヨガ」と題して、鼻症状改善を目的としたヨガを指導いただきましたが、今回は私も含めて、ご参加のみなさんが、ヨガ経験の少ない方でしたので、ご自宅でもできる 初歩的な部分から、ご指導いただきました。

「心身一如」「調身 調息 調心」は、よくつかわれることばですが、身体がととのうと、呼吸も、心もととのう。まさにレッスン後は、身体も呼吸も心もととのって、気持ちよくなりました。あくまでも、機械的に”整える”ではなく、調和・バランスをとるという意味の、”調える”ことが大切ですね。

引き続き 定期的に開催していきたいと思います。ホームページや、診察の際にもご案内していきますので、よろしくお願いします。

 

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2016.11.11更新

よく最近、「引き寄せの法則」というタイトルのついた書籍をみますね。シンクロニシティなどと呼んだりもします。

 

どうとらえるか、は個々によって違うと思いますが、私もほんとうに多くの「引き寄せの法則」を感じる場面に出会います。はじめは何も考えていませんでしたが、いろんな本を読んだり、実際に経験が積み重なると、現実は自身が創り出している、自身の思いが創っている、と感じるようになりました。

 

先日、来年の手帳を探していると、著書が好きで読ませていただく心屋仁之助さんの手帳を見つけて、来年はこれを使おうと購入しました。今どきは、スマホ管理が主ですかね?まだまだ昭和な私は、実際に書き込む手帳でないと落ち着きません…。

 

数日後、たまたま訪れた街、しかも早朝、朝食を終えて歩いていると、ふと目の前に、その心屋仁之助さんがおられるんです!ホリスティック医学協会のシンポジウムでお会いしたことがありましたが、その際もとてもていねいなご対応でしたが、今回も快く写真を撮っていただきました。場所、時間、すべてがそろう確率って、実際にどれくらいあるんでしょうね?

 

心屋さん

 

今度は、以前からご縁があって、FBでのつながりはあり、書籍などを読ませていただいていた、”不食”の秋山義胤さんと、一度会ってお話したいなあ、と思っていました。

すると、いろいろなことが重なり、秋山さんから、こちらにクリニックにこられることになったと、連絡をいただきました。これまでそういった機会はなかったのですが、ふと思ったことが、いきなり実現する、これにもとても驚きました。

秋山さん2

秋山さんは、とても不食生活をされている、とは思えない元気さで、国内、海外でのいろんな活動のお話をお聞きできました。また、FBにも書きましたが、古代ギリシャの竪琴といわれるライアーを、手彫りで作成されていて、実際の音色をお聞きしました。ほんとうに心にしみる音でした。また、秋山さんも多く飾っておられるChie art作品を、私もクリニックに飾らせてもらっています。音、絵画などは、身体、心に働きかけてきますね。

chie art chie art HPより

 

やはり、目の前の現実は、自身が作り出している、いや創り出していると感じる日々です。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら