きた日誌

2017.07.24更新

岡本啓司先生が創案された プライマリーウォーキング®の指導者養成セミナーを受講させていただきました。

もともと、私自身が、普通に歩いていてもひっかかったり、こけそうになることが、結構ありました。

そこで、足を上げ足らないんだ、と思い込み、少しでも高く足を上げて、水泳のクロールのように、足を掻いて必死に前に進むような歩き方をしていました。ところが、先生のプライマリーウォーキング®の教えで、立ち方、歩き方、姿勢のセットの仕方を学び、これまでの自分の歩き方が いかに自分を疲れさせ、身体の各部の不調をきたしていたのか、が理解できました。

耳鼻科に受診される方で、ふらつきやめまい、ひいては耳鳴りなどは特に、この歩き方を学んで変えるだけで、かなり改善されるのでは、という期待感が高まりました。

プライマリーウォーキング

ぜひ、今後周囲の方々、患者様にもプライマリーウォーキング®をお伝えできる立場になり、楽にすごしてもらえるようにと思っています。立つこと・歩くことが原因で病気が引き起こされ、立つこと・歩くことによって病気が改善される、これほど単純でわかりやすいことはありませんね。

これまでもお話しすることがあった、操体法で大切にされている4要素 

息=呼吸:ヨーガ、アーユルヴェーダ、瞑想

食=食養生:栄養療法ほか

動=運動:プライマリーウォーキング®、楽健法

想=心の持ち方:マインドフルネス、ヒーリング、自然セラピー

それぞれの達人にご指導いただき、少しづつではありますが クリニックに来られた方に提供できることを、とてもうれしく感じます。医療者や薬が「治す」のではなく、自らが「治る」手助けをする、これが本来の私たち医療者の役割だと思います。

今回、ご指導いただいた岡本先生、ご縁をいただいた森嶌先生、参加のみなさん ありがとうございました。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.07.21更新

『デフリンピック』をご存知の方はどれくらいおられるでしょうか?deaf=聴覚障害、難聴という意味で、聴覚障害者の国際スポーツ大会が、デフリンピックです。

恥ずかしながら、耳鼻科医である私自身が、今年その存在を知りました。

パラリンピックは、オリンピックと同時に開催され、メディアにも取り上げられる機会が多いため、知っている方が多いでしょうね。実は、デフリンピックは、夏季大会が1924年、冬季大会が1949年に始まりました。パラリンピックの起源が、1948年のロンドンオリンピックとされているので、デフリンピックの方が歴史が古いことになります。

デフリンピック

第23回大会が、トルコで開幕しました。スポーツが好きな方は、プロ野球、高校野球、世界水泳、全英オープンゴルフ、など、スポーツ盛りだくさんの夏ですが、ぜひ難聴の患者さんを診せていただく医療者として、いろんな困難を抱えながら頑張っている選手を応援したい、一スポーツファンとして、デフリンピックにも注目したいと思っています。

セミ抜けがら

セミもがんぱっているようです。抜け殻を見つけ、セミの鳴き声を聞くと、大好きな暑い季節、夏を感じ始めました。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.07.21更新

2回目になりますが、東光寺 山内宥厳住職をお招きしての 楽健法@きたにし耳鼻科を開催しました。

楽健法1 楽健法2

 

楽健法4

FBにも書いたのですが、普段の生活では、身体も心も、かたまって、滞っていること自体、自覚がありません。表に現れてくる症状だけを見ていると、ほんとうの原因になっている、身体や心の緊張、滞りがわかりません。

こうして、楽健法を施術して、施術されることで、自分自身が、また自分の身体自身が、その滞りに気づくことだけでも、とても価値があります。施術後の解放感は、薬を飲んで、症状を止めたときの「停止・抑制」とは全く違う、身体の「活性化・復活」を感じます。

8月にはインドに渡って、楽健法を指導されるなど、たいへんお忙しい山内先生ですが、今後も定期的にお招きして開催してきたいと思っています。また、天然酵母パン作りの講習も開催したいとおっしゃってもらっているので、そちらもこうご期待です。耳鼻科もパンも、”耳”は大切ですねehe

 

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.07.14更新

日本アーユルヴェーダ学会 および日本ヨーガ療法学会、日本健康促進医学会の共同開催による 共同国際会議 2017 in 福岡 に出席、発表してきました。

共同国際会議2017

学会時は、九州豪雨の時期と重なり、学会場周辺は比較的問題はありませんでしたが、福岡、大分をはじめ、他の地域では甚大な被害が出ています。あらためてお見舞い申し上げます。

学会では、いつもお世話になっている、日本アーユルヴェーダスクール クリシュナUK先生、数年前にインドのクリニック Holy Family Hospitalに視察見学に行かせていただきお世話になったバット先生との再会もありました。

クリシュナ先生、バット先生

また、学会でお世話になっている青山圭秀先生のご講演も拝聴することができました。『アガスティアの葉』をはじめ、先生の著書は、内容はもちろんのこと、ことば、文章からあふれる雰囲気がとても素晴らしく、あらためて直接 青山先生の世界観をお聞きできたことは、とても素晴らしい機会になりました。また、今年自身もアガスティアの葉に出会い、触れる機会があり、これもまた大きなご縁だと感じていました。

青山先生

さらに、かねてから、興味をもっていた『胎内記憶』の第一人者 池川明先生も、ご講演をお聴きし、お話する機会をいただきました。

池川明先生

お声、雰囲気がとてもあたたかく、素晴らしいお話をお聞きできました。

今年も多くの学びとご縁を得ることができた学会となりました。来年は金沢で開催される予定です。引き続き、こうして得た学びを、日々の診察に活かしていきたいと思います。また大学の先生方とも交流させていただき、臨床医には難しい研究面のサポートもお願いできるようで、心強いです。

関わったスタッフ、ご参加の方々、お疲れ様でした。また休診でお迷惑をおかけした患者様には、診察、治療という形で、お返しさせていただこうと思っています。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.07.10更新

以下の期間 夏季休診となります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

8月10日(木)~8月15日(火) ※8月10日は木曜日ですので、従来より保険診療休診日になります

 

8月16日(水)午前9時より通常診療を開始します。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら