きた日誌

2017.10.23更新

コーネル大学栄養生化学部名誉教授 「栄養学分野のアインシュタイン」とも称される世界的権威 コリン・キャンベル博士の来日記念講演が開催されました。前日土曜日の懇親会、昨日の講演会ともに参加させていただきました。

講演タイトル『正しい栄養学こそ「真の医学」といえるのではないだろうか』に、博士のおっしゃりたいことがすべてつまっていると思います。

キャンベル博士講演パンフ

動物性たんぱく質摂取の問題を指摘、訴えられ、がんをはじめ、心臓疾患、糖尿病など、多くの病気がまだまだ未解決になっている理由を、科学的根拠にもとづいて示されました。

薬による治療は、主な原因となる箇所の反応を止めて、症状を一時的に軽減することはできても、からだの仕組みはそんなに単純にはできていません。薬によって、ある1つの反応が止まることで、からだの中の多くの反応に影響を及ぼし、いわゆる副作用をもらたす。一方で、whole foodは、多くの反応に働きかけることで、一部の反応を止めることによる副作用などなく、調子を調えてくれます。過剰な動物性たんぱく質摂取による、がん発生、進行のメカニズムも、すべてではありませんが、お話くださいました。

ご夫婦で来日されていましたが、とてもお元気で、肌のつやが素晴らしかったです。

キャンベル博士懇親会

もちろん、各個人にはそれぞれの生活環境があり、家族構成、仕事での帰宅時間、経済的な状況、これまで育ってきた環境…などがあるので、すぐさま食生活を変えることは難しい方が多いでしょう。ただし、薬の治療はもちろん、単一の栄養素を摂るというサプリメントも、plant-base whole food の力には遠くおよびません。また急激に肉を食べないようにということも難しいと思います。私も、耳鼻科の症状でこられる患者さんには、ほとんど生活習慣、睡眠、食生活についておたずねして、それについてお話しさせてもらっています。

決して、医療者側の独りよがり、押し付けにならないように心がけながら、健康増進、病気回復の養生法の柱として、患者さん、周囲の人たちとともに、食を考えなおす必要性をあらためて感じました。

講演会写真

長年、ナチュラルハイジーン、プラントベース ホールフードの大切さを訴え、日本への普及に多大な貢献をされている松田麻美子先生をはじめ、今回の来日招待講演にご尽力された Natshell 担当者の方々、その他多くのスタッフのみなさんに、感謝したいと思います。

さらに、これを契機に、ぜひ多くの方に食の大切さが広がることを期待し、またその一翼、一端を担えればと思っています。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.10.20更新

第5回になりますが、山本ヨガ研究所 山本正子先生をお招きして ヨガレッスン@きたにし耳鼻科を開催しました。

第5回ヨガ

参加者のみなさんがおっしゃることですが、山本先生の声、雰囲気、ことば…は、とてもあたたかく、包まれる感覚になります。よく言われますが、ボディだけでなく、マインド、スピリット、それに加えて場・空間までもを、素晴らしいものに変えていただけます。呼吸、瞑想などのお話も聞けて、今回も学びの多いご指導をいただきました。

まだまだ先生の域に達することはできていないと思いますが、私も日々の診察で、処置をする、薬を出す、それだけが医療ではなく、説明することば、声、雰囲気、クリニックの場の力、これを意識しています。これらを高めて、受診された方が、クリニックにきて、診察を受けていただくこと自体で、治るスイッチが入るよう、こころがけています。

第5回ヨガ集合写真

身体はもちろん、かたくなっている心をほぐすことで、霊性、氣がよろこんでくれて、本来持っている治る力が発動されていきますね。

かたさの象徴である病気 癌をはじめ、めまい、耳鳴り、難聴も、診察していると、こうしてかたくなっているところが、やわらかくなっていった方から、調子がよくなっていっておられます。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.10.16更新

ふと振り返ると、最近 素手、裸足で大地に触れた記憶があるでしょうか?

家で朝 目を覚ます。靴を履く。アスファルトの道を歩く。電車・車に乗る。そのまま勤務先に行く。

専業主婦の奥さんは、車や自転車で買い物に行く。たまのお休みに出かけるときも、もちろん、靴を履き、車で出かけるが、ほとんど素手、裸足で大地に触れることはないでしょう。

一方、日常は電気、磁気、電磁波の飛びかう社会。家では、テレビ、電子レンジ、IH調理器、スマホ。通勤・通学中は、電車の中で、自分が使わなくても、周りはみんなスマホを見ている。お勤めがある方は、パソコンはもちろん、車も電気自動車…。

まさに『エレクトロスモッグ』の中に生活しています。

クリニックで身体電圧測定器を使って、測ってみると、自分の身体も帯電。電気まみれ。

身体電圧測定器

現在学ばせてもらっているバイオレゾナンスでは、電磁波の影響をとても重要視します。実際に、耳鼻科診察をしていても、そう言った影響を受けている方をたくさん見受けます。すべてとは言いませんが、めまい、耳鳴りなど、こうした症状の原因に、電磁波の影響が少なからずあるようです。

患者さんにも、そうしたお話をさせてもらい、あらためて、大地にアースする必要性をお伝えしています。

アーシング

なかなか、最近はコンクリート、アスファルトばかりで、家の周辺を見渡しても、土、砂、川、樹木と直接触れられる場所すら少ないですね。ぜひ大地にアーシングして、自身の身体から電磁気を解き放ちましょう。デトックスは、食事だけのものではありません。

”デジタル”デトックスも、健康への第一歩ですね。

アーシングを実践して、その大切さを伝えておられる、エハン・デラヴィ先生とお会いし、お話をうかがう機会がありました。さすが、アーシングを実践されているエハン先生は、情熱的で、ほんとうに身体、心に溜まっているものがない、清らかな氣を発しておられました。

エハン先生

 

11月3日の香寺ハーブガーデンへのツアーも、多くの方にご参加申し込みをいただいています。まさに ”大人の遠足”ですね。

ハーブの香りを楽しむ。

鳥のさえずりをきく。

緑を感じる。

土、木に触れる。アーシング。

スマホをおいて、デジタルデトックスをする。

0と1のデジタルな世界から離れ、自然のゆらぎに身をまかせる。

自然の食を、感謝しながらいただく。マインドフルネス。

それぞれの世界を堪能していただきたいと思います。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2017.10.06更新

第3回になりますが、楽健法@きたにし耳鼻科 を開催しました。

今回も遠方から、初参加の方、男性…など、多くの方にお集まりいただきました。

楽健法3

楽健法を創始された山内宥厳住職は、いつもみてもお元気で、毎回力をいただけます。

楽健法施術風景

山内先生も書籍で触れておられますが、

『足は地面に接するところなので、手にくらべて、不浄視する人が多いのですが、足は手よりもよほど上等で美しいものです。

手は金銭に振れたり、不浄なものにさわったりしますが、足は手のように、自らの欲望の手先にはなりません。…』(「二人ヨーガ楽健法」より引用)

手にも毎日たくさんの仕事をしてもらっていますが、あらためて、私たちの身体を支え、大地と接してそのエネルギーを吸収し、からだから電磁気など、要らないものを排泄してくれる”足”の大切さを、この楽健法を通じて教えられているように思います。

山内先生、サポートして下さった方々、ご参加の方々、ありがとうございました。次回以降も、楽しみです。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら