きた日誌

2018.05.31更新

6月24日(日) 京都大学芝蘭会館において 第23回日本胎盤臨床医学会が開催されます。

今回の、大会実行委員長を 私がつとめることになっています。

 

最近では、プラセンタの名前は広く知られるところになっていますが、まだまだ科学的な治療機序、治療効果の実証の途上といえます。こうした医学会を通して、各国、各方面からの報告をご紹介することで、さらなるプラセンタ治療の発展につながればと期待しています。

耳鼻科領域でも、もちろん個々の効果には差がありますが、めまい・耳鳴り・難聴・鼻やのどの不調・花粉症など、各疾患で調子がよくなるケースがあり、多くの患者さんが当院にも通院治療されています。

今回の学会では、

●韓国・ロシアからの招待講演

●海外でのプラセンタ事情報告

●現代医療の最先端といえる、iPS細胞、マイクロRNAに関するご講演

●バイオレゾナンス、YNSA、トータルライフなど多方面でのプラセンタ使用経験

●美容ほか関するランチョンセミナー

など、もりだくさんの内容になっています。

医学会ですので、一般の方というよりは、医療関係者、美容関係者が中心でのご参加になります。

ご興味のあるかたは、学会ホームページから申し込んでいただくか、当院にご連絡ください。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.05.30更新

2018年5月31日発売の

『頼れるドクター 北摂』に当院が掲載されています。

頼れるドクター北摂

雑誌・書籍のみならず、ネット・スマホなどが全盛で、情報洪水の時代です。以前にもお伝えしていたことがありましたが、こうした雑誌やネット情報を1つの参考にされることは有意義だと思います。

ただ、症状や病気は患者さん自身が主役であり、”主治医”だと思っています。ご本人の病気に対する理解、対応、生活習慣改善への取り組み、情報の把握などが、予防、改善への第一歩です。患者さんの不調改善に、少しでもお手伝いができるようにと、日々私たち医師も、考え、悩み、情報を集め、取り組んでいきます。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.05.30更新

6月23日(土)は臨時休診

となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.05.14更新

5月15日(火)から24日(木)までの長期休診にともない、

ホームページのトップページにあります、「お問い合わせはこちら」からのご質問・ご連絡は一時中断させていただきます。

ホームページ上で、「お問い合わせはこちら」から質問内容が送信できた場合でも、すぐには回答できない可能性が高くなりますので、ご了承ください。

 

また、ホームページ検索および雑誌・書籍記事をご覧になり、たいへん多くの患者様から、具体的な症状や病状を書いていただいておりますが、実際には診察をおこなっておりませんので、メールでは、個々の病状に対する診断・治療については、ご回答できない旨はご了解いただいた上で、ご利用ください。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.05.11更新

5月16日発売の雑誌『健康365』2018年7月号に記事が掲載されています。

健康365 7月号

 

前号同様、抗老化と関係する乳酸菌が、加齢にともなう難聴、耳鳴りにいい影響が出た報告をさせてもらっています。くわしくは、今月号(前月6月号)をご覧ください。

市内はもちろんのこと、全国からいただくお問い合わせをお聞きして、日々難聴、耳鳴りでお困りの方に、少しでもお役に立てればと思っています。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.05.01更新

空を見上げることがない毎日。太陽も月も星も、見るのはほとんどネットの画像。

4月30日 さそり座満月 

天体望遠鏡  満月

 

木星とその衛星たち

木星  天体図

 

こうした天体”ショー”には、色々な解説がつく。~の意味は?~なことをするといいことがある。

ただただ、夜空をながめて、その明るさ、広さ、美しさを感じる。

手をのばしたくなる空を見上げると、あらためてヒトが自然の、地球の、宇宙の一部であることが実感できる。これは、ネット画像では決して味わえない感覚。

たまには、こうして天体観測をして、ヒトが、自分自身が、大宇宙の一部であることを感じ取りたい。

そこでは、何の解説もいらない、占いもいらない、暦もいらない。そこにある、そこにいる、というだけ。

50歳をこえると、だんだんとこんなことをつぶやきたくなるもんです。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら
Doctorsfile