きた日誌

2019.01.30更新

いつも各種雑誌記事、書籍をお読みいただき、ありがとうございます。

記事掲載にともない、当院へのお問い合わせがたいへん増えております。

特に、診察時間内の、医師による電話対応はできかねますので、

ホームページにある「お問い合わせはこちら」による メール問合せを利用いただく

当院へのお電話に対しては、スタッフより、あらためてお電話をいただきたい時間をお伝えしておりますので、

再度 お電話をおねがいします。

なお、メール、お電話では、正確な診断や治療についてのお答えはできませんので、ご了解ください。

内容をお聞きした上で、当院に来院していただくかどうか、また来院いただく場合は、通常の診察 もしくは木曜日の自由診療(完全予約制です)をご利用いただくか、などをお伝えすることになります。

また、患者様それぞれで、病名や症状が同じであっても、原因・経過・生活習慣・既往歴や治療歴などが異なりますので、治療方法や取り入れていただくケアは、違ってきます。その点もご了解ください。

 

以上 よろしくお願いいたします。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2019.01.28更新

少し先の予定になりますが、今年も、山本ヨガ研究所 山本正子先生をお呼びしての、ヨガレッスン@きたにし耳鼻科を開催します。

参加ご希望の方は、電話、ファックス、メール(トップページにある「お問い合わせはこちら」から)などで、ご連絡、お申し込みください。


●日時:5月16日(木)午後1時30分より
●場所:きたにし耳鼻咽喉科内(場所はHPなどをご覧ください)
●内容:経験の有無、性別などは問いません。初めての方、男性の方も歓迎です。


いろいろな不調があり、体を動かしたい方や、ヨガなどのレッスンは受けたいけどどこに行けばいいのかわからない、という方は、特にご参加ください。
おおよそ90分のレッスンで、レッスン料2500円(当日現金のみ)となっています。
動きやすい服装でおこしください(院内で着替えることもできます)。その他の持ち物は特に必要ありません。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2019.01.12更新

呼気NO(一酸化窒素モニター) NO Breathを導入しました。※原田産業(株)HPより転載

NO breash

 

吐いた息に含まれるアレルギーの炎症の程度を調べることができる機器です。検査はとても簡単で、短時間で測定できます。あまり聞き馴染みがない機器・検査かもしれませんが、気管支ぜんそくの診断や治療の効果、また咳が長引いている方の原因診断に用いられています。

 

気管支ぜんそくと診断されている方はもちろん、長期間 咳が続いてお困りの患者さんはたいへん多く、もちろん、必要に応じて肺の検査(レントゲン写真やCT検査)を行わないといけませんが、こうした機器を使って、原因を推定・特定することで、治療方法を決めやすくなります。治療の効果も判断しやすくなり、とても有効な検査の1つです。

 

必要と判断させていただいた患者さんに検査を行っています。ご質問のある方は、診察の際に、おたずねください。

 

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2019.01.12更新

健康雑誌 わかさ 2019年3月号 『耳鳴り…』特集号に

記事を掲載していただいています。私は主に、プラセンタの治療効果についての記事を担当させていただきました。

わかさ2019.3月号

 

難聴、耳鳴りでお困りの患者さんがこられました。

その方がお話ししてくださいました。

耳の病気の治療では有名な病院、耳鼻科医の診察を受けられたのですが、少しでも改善される方法があるかと期待した その先生のお答は、

「耳鳴りは治ることはありません。運動してください。」

だったそうです。その日から、耳鳴りがさらに悪化したと…

 

決まった治療法はなく、何も手だてがないといわれるのが、難聴・耳鳴り・めまい です。

一方で、今回の雑誌記事や 今月発売の拙書『難聴・耳鳴り・めまい 「治る」には理由(わけ)がある』(ルネッサンス・アイ)でもいくつか紹介していますが、診察をして、治療をして、セルフケアも取り入れて、実際に調子がよくなった、改善した患者さんも目の当たりにしていると、まだまだ残されている方法がある、提案できるのでは、と思わされます。遠方にお住まいで、診察をしていない患者さんからも、雑誌記事などを見て、「生活習慣を改善したり、ケアを取り入れて よくなりました!」とお電話もいただきます。

 

繰り返しになりますが、万人にとってのいい方法、改善する方法はないのかもしれませんが、個々にあった治療法、生活習慣への気づき・改善によって、不調から脱するきっかけに、雑誌や書籍の情報を利用してもらえればと思います。

 

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2019.01.09更新

診察はすでに始まっていますが、本年もよろしくお願いします。

昨年末よりインフルエンザ感染が急増し、かぜ、インフルエンザと、鼻炎症状など、耳鼻科診察が忙しくなる季節です。

 

例年、春の花粉症シーズンを前に、色々と取材依頼をいただきます。

茶の間 取材

1月の2冊目著書出版に始まり、監修雑誌や記事掲載雑誌の発売も予定しています。さらに次回の出版のお話も多数いただき、新年早々に はやくも2020年の予定まで相談させてもらっています。お声がけいただく方々に感謝するとともに、私の記事を読まれた方の不調が 少しでも改善していただけたらと思っています。

 

年末年始は、少しのんびりする時間がとれました。

滋賀 八幡山山頂にある 門跡寺院「村雲御所 瑞龍寺」に 初詣をかねておまいりさせていただきました。詳しい歴史はさておき、山頂からの景色や静かなたたずまいは、新年をむかえ、自身を見つめ直すには絶好でした。

ロープウェイ

 

瑞龍寺

 

眼下に見下ろす滋賀の景色はもちろん、ちょうど雪の残る中庭の風情は素晴らしかったです。さすような冷たさに、身も心も引き締まる思いです。

 

中庭

 

「一石写経」といって、石に思いを書いてみました。家族・家内安全、クリニックにこられる方の快癒、さらには世界平和をこめて。

 

石

 

堂内の静寂のなかで ひびく読経の声。きしむ板の間。

暗闇に灯されるろうそくの炎が風もなく揺れる瞬間。

お香のけむりも文字をかくように くゆんで立ちのぼる。

さほど熱くないはずのろうそくが 寒い堂内ではとても暖かく感じられる。

木、お香、山頂の空気 混ざり合った香りが鼻を通って脳内に達することで五感からの刺激が完成する。

ここに来ることになったご縁に感謝して、また2018年の一年をぶじに過ごさせてもらったことに感謝して、2019年 あらたな「いま ここ」を感じてすごしていきたいと思いました。

お香

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら
Doctorsfile