きた日誌

2018.11.19更新

理事をさせてもらっている日本ホロス臨床統合医療機構と、立命館大生物資源研究センター、SOFIX農業推進機構のコラボ企画

『 食から健康を考える医食農交流会 』が開催されました。

医食農交流会風景

 

予想を超える参加者さんに集まっていただき、熱気あふれる会となりました。参加者さんをはじめ、会の企画・準備・開催に関わったすべての方々に、感謝いたします。

 

立命館大生命科学部生物工学科 久保幹教授、当会代表世話人 森嶌淳友先生、立命館大薬学部薬学科 田中謙教授 3名の講演

SOFIXを利用した有機野菜弁当のお昼ご飯

講演会後交流会

というプログラムでした。

 

各先生からの講演は、ほんとうに圧巻でした。

ふだん、食について、患者さんにお話する立場である医師としても、土についての久保先生、SOFIXの取り組みは、知らないことばかりで、とても興味深いものでした。これまで、化学的な診断に基づいて、土に栄養だけを与える方法を行ってきた結果、土壌微生物たちが激減し、一見データ上は健康な土も、微生物たちにとっては、とても棲みにくい環境になっていました。

 

それを、久保先生が「生物性」という観点から、土壌をみる、診断することを提案されました。微生物たちが多様に、多く棲んでいる土壌からできる植物、作物たちは、生き生きとしていて、栄養価も満点、さらには収量もあがる。そんな革命が起きました。

 

よくよく考えてみると、これはまさにヒトでも同じことが起きているんですね。検査データだけで病気をからだを評価、診断する。一見、検査結果が正常域の方でも、からだの不調がとれないばかりか、実際にある病気もわからない…

同じ有機体として、生命をもつ体内、体外細菌たちの存在を忘れ、無視して、健康を考えてきた医学。腸内細菌のみならず、口腔内、皮膚、子宮内、さらには、私の専門領域鼻内の細菌叢が、実はヒトの健康にどれだけ役に立っているか、大切か。

 

土壌微生物のお話をお聞きして、あらためてヒトの細菌叢、フローラの重要性に気づかされれました。カラダの細菌叢が棲みやすい環境こそが、健康なカラダ・ココロといえますね。これからは、何を食べるか?という段階は終わり、どんな土壌で育った、どんな育てられ方の食べものか?が大切な、次のステージにすすんでいかないといけませんね。

各先生方 ありがとうございました。

お弁当も最高でした。提供:(株)坂ノ途中さん

弁当

 

久保先生と

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.11.17更新

年末年始 休診のお知らせです。 

12月

27日(木) 休診(通常通り自由診療の予約診察のみ可)

28日(金) 午前・午後 通常通り診察

29日(土) 午後12時半までの受付(通常より1時間診察終了が早くなります)

30日(日)以降休診

 

2019.1月

4日(金)まで休診

5日(土)から通常通りに午前9時より診察開始

 

以上 よろしくお願いします。

なお、耳鼻科の急病については、中央急病診療所にお問い合わせいただくこともできます。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.11.16更新

本日は 今季初のインフルエンザ患者さんがおられました。

気温が下がり、ただでさえ乾燥しているところに、暖房を使い始めるとさらに乾燥してくる。皮膚や粘膜の状態が悪くなるうえに、ウィルスたちの活動は活発になる…

毎年ですが、つらい時期になってきます。

 

毎日、多くの風邪やインフルエンザ患者さんと、しかも対面で診察をする耳鼻科医としては、自分の体調管理の一環として、鼻うがい、オイル点鼻(セサミオイル、馬油など)、コパイバマリマリ樹液、漢方薬、診察室でのウィルス対策アロマなど、いろんな方法を駆使しています。

おかげさまで、毎冬、私もスタッフさん8名も、ひどい風邪ひきやインフルエンザ感染なく、すごさせてもらっています。

 

患者さんや医師の中には、

「風邪をひきたくないので、お薬をください。」

「予防で、抗生物質や総合感冒薬を飲んでおいてください。」

そういった方もおられます。

 

そのうちに、

「今は健康ですが、ガンにならないように、抗がん剤を使っておきましょう。」

そんなことにならないか、心配になります。

 

予防というと、早めに病院に行って、早めに薬を飲むことだと思っている方も多いようですが、睡眠、食事や、上に挙げたようなケアをして、体調管理につとめることが、ほんとうの意味での予防だと思います。ほんとうにセルフケアは大切で、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、気管支炎、ぜんんそくなどの症状がお困りの方が、色々とご紹介したケアを取り入れられて、元気になった、薬が減らせた・やめられた、というケースは珍しくありません。

副鼻腔炎ムック

 

私が監修させてもらって、2018年春に発売された『もうくり返さない!副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎を一気に治す!』(TJ MOOK 宝島社)も、いまだに書店においてもらっているところもあり、患者さんからも実際に読んだり、実践して調子がいいという ありがたいおことばをもらいます。

ぜひ、これからのシーズンをしっかり乗り切りたいものです。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.10.31更新

今月は、関西はもちろん、北海道、東京、石川と各地を学会発表でまわり、いろんなご縁、収穫をいただきました。

SNSなどにはアップさせていただきましたが、

今月の学会出席の最後になった、先日の 一般社団法人 日本アーユルヴェーダ学会 金沢大会において、上馬塲前理事長の後を受け、理事長に選出されました。

金沢大会  金沢大会 集合写真

 

アーユルヴェーダについては、まだまだ知識経験も浅い私が選出されたことの意味は、「リーダー」としてという役割もあるとは思いますが、学会に関わるすべての方々、さらにはインド伝統医学 アーユルヴェーダに関わるすべての方々にとっての「ハーモナイザー」として、この素晴らしい伝統医学の体系が、多くの方の健康、幸せに寄与できるように、発展普及させていくことを任されたと認識しています。

 

ここ数年来 内閣官房 健康戦略室では、「アジア健康構想」が立ち上がっており、そこでは漢方などと並んで、アジアの健康長寿を担える一分野として、アーユルヴェーダが取り上げられるまでになりました。アジア発の医学体系が、さらに世界に発信される日を楽しみにしたいと思います。

 

学会に出席した金沢では、ほとんど自由時間がありませんでしたが、少しだけ足をのばし、北陸の、日本の中心にあるパワースポットといえる白山比咩神社に行ってきました。

石川鉄道1  

懐かしい風景が広がる。駅で待っていると、電車の運賃について尋ねられたけれど、

「私もはじめてなんです」

少しは、地元になじんで見えたのかな、とうれしくなる。

来たことはないけれど、小さいころに住んでいた奈良で乗った電車や駅は大きかった。

目にうつる駅や電車は小さくなったけれど、音やかおり、感じ取る風は、変わっていない。このワクワク感も変わっていない。

 

着いた白山比咩神社は、その瞬間から感じる何かがあった。

入口

 

見ても聞いてもにおいを嗅いでも、すべて脳を使って 意味を考えてしまうことに慣れてしまった。

逆に、ここでは、考えることを忘れさせてくれるほど、感性に訴えてくる、五感にはたらきかけてくるものがあった。

瀧  神社

 

そのパワーに圧倒される。

ここに来ることになっていた、そのご縁に感謝する。

最後には、いつもアーシングして、大地とつながって、氣が流れることを感じてみる。変わらないために変わり続ける、福岡ハカセの『動的平衡』を思い出しながら。巡礼というのは、聖地・霊場を参拝してまわる、巡ることではあるが、ほんとうに巡るべきなのは、自身のこころとからだのように思う。

アーシング

 

色々な意味で 思い出に残る学会、金沢となりました。

 

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.10.09更新

書籍や雑誌記事を見て、全国から連絡をいただきます。

遠方の方は、直接受診していただけない方も多く、電話、メール、オンライン診療などで、お話しさせていただいています。

 

遠方に住んでおられる、あるめまい症状の患者さんからのご相談。

長年、めまい、ふらつき症状でお困りで、色々な治療をしても治らない。

ご本人いわく、「わらをもつかむ思い」で めまい専門病院を受診。そこには、めまいの専門資格を持った先生が 診察されている。

もちろん、患者さんだけからの情報には偏りがあるが、

 

詳しい話を聞いてもらえない、

同じ薬を何年も飲み続けさせられている、

質問しても明確な答えはない、

挙句は精神科に受診してみるか?という提案 …(決して精神科の先生方の診断、治療が悪いという意味ではないが)

 

すべてとは言わないが、これがめまいの専門資格を持っている先生がいる、めまい専門の病院の対応なのか、と絶句した。

ほんとうに少しの時間だが、患者さんのお話、現状、家庭生活をお聞きすると、

「これだけお話を聞いてもらったことはありません。少し気が楽になりました。」

ほんの数分間、対面ではないお話の方が、めまい専門病院で診察を受けているよりも気が楽になるという現実。

 

決して、自身のクリニックに来られた患者さんがすべてよくなっている、治っている というわけではないが、単に薬を出すだけの外来が、果たしてめまい専門病院と言えるのかどうか。

今回、参加させてもらった 北海道での日本統合医療学会でも、多くの出会い、学びがあった。こうした日々の学びが、不調の方 お一人にでも、還元できるようにという思いを強くしました。

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.10.01更新

10月15日(月)より 例年通り

インフルエンザ予防接種を開始します。(平成31年1月末日まで)

詳しくは、お電話 06(6902)4133 にてもおたずねください。

本年の当院でのインフルエンザ予防接種は予定数に達しましたので、終了いたしました。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.09.21更新

SNSではあげさせてもらいましたが、はじめてラジオ出演(収録)させていただきました。

インターネットラジオ『ゆめのたね』です。サイトにアクセスしてもらって、関西チャンネルをクリックすると聞くことができます。

インターネットなので当然なんでしょうが、世界中で聞けるんですね。

オンエアは、10月2日、9日(火)午後12時から 番組名:育cafe です。

ゆめのたね

 

正直、インターネットラジオ『ゆめのたね』のお名前は、今回お呼びいただくまで知らなかったのですが、作られた方の熱い思いが広がって、書籍『第4の居場所』も出版されました。

 

医療、診療については、講演会、研究会・学会などでお話する機会は多いのですが、自身の生い立ち、家族のこと、日々考えていることなどを、人前では話す機会はなかなかないので、不思議な、また自分が今 何を考えているのかの整理にもなって、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

オンエア

 

放送中

 

テレビやラジオ、ネット、書籍や雑誌記事など、色々な媒体で、不特定多数の方に対して、診療についてお伝えしたり、自分の考えを発信させてもらえる機会があることは、とてもうれしく、ありがたく思います。

一方で、個人としての家族や周囲の人々、また医師としては、いま 目の前に診察にこられた患者さんと向き合うことこそが、私たちが大切にすべき、人との関わりなんだと思います。

 

スタッフのみなさま、ありがとうございました。

パーソナリティさんと

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.09.14更新

健康雑誌『健康365』2018年11月号に、記事が掲載されています。

これまでの書籍・記事掲載雑誌は、こちら

20180915 健康365

 

これまでも紹介されていますが、乳酸菌と一口にいっても、最近は多くの種類、多くの菌株があります。その中でも、国立の機構において、加齢にともなう変化に対するはたらきが期待される乳酸菌株が発見されました。加齢変化としての難聴、耳鳴り、めまいといった症状に対して、実際に当院でこの乳酸菌株を試していただいた内容を掲載していただいています。腸内環境の大切さは、どういった症状、疾患においても異論はないところです。

これまでも繰り返してきたように、~を飲めば治る、誰にでも効果がある、という表現はできませんが、1つの参考、選択肢として、ご紹介しています。

 

先日、メニエール病を長期間患い、某有名病院耳鼻科で内服薬や、手術加療までも受けられたが治らない、とお困りの患者さんが、遠方からわざわざ来院されました。当院をたよって受診していただいたこと自体をうれしく思ったのと同時に、現代医療で行える、いわば”最高の”治療を受けられていた患者さんですので、私にどういったことができるのか、と考えました。

 

メニエール病は、「内リンパ水腫」が”原因”だ、といわれますが、正確にいうと、内リンパ水腫は”原因”ではなく、水腫を起こす原因が積み重なった”結果”なんですね。ことばでいうほど簡単ではありませんが、こうした本当の原因に対処、対応しなければ、いくら内服薬や手術で、”結果”にはたらきかけても限界がある、そう感じます。

 

今回来院いただいた患者さんには、そういったお話からすべてご説明して、ご自身に病気について深く理解していただき、腸内環境を含めた栄養・食養生や、当院での、活性酸素対策、波動調整など、各種治療方針をお伝えしました。まだ初診の段階で、治療がはじまったわけでもなく、症状が改善したわけでもないのですが、最後に、「来てよかったです!」といっていただいた意味は、これまで、そういったお話をお聞きになることがなかったのかな、と感じさせられました。

 

私たち医師は、病名や検査結果 例えば「メニエール病」という分類だけで、その患者さんを診ようとしがちです。性別や年齢どころか、発症までの経緯、現在の生活状況、食生活、患者さんの疾患に対する考え方・病気のとらえ方……、同じ病名でも、個々で病気の内容はまったく異なります。

あくまでも、FIT FOR YOURSELF その方自身にとって、何が最適なのか、必要なのか、ということを大切に診療にあたりたいと思っています。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.09.12更新

私たちの肉体の周囲には、生命の磁場と呼ばれるエネルギー領域が存在していて、それをBiofieldと呼びます。まだまだ未知の領域ともいえる、Biofield研究の第一人者が、Dr.Thornton Streeterです。インドでのDoctor of Scienceのみならず、補完・代替・自然療法に知識経験が豊富で、世界的にご活躍です。

チャクラなど、目に見えない領域を機器を用いて可視化し、それを科学的に医療に落とし込み、大きな成果をあげておられます。

Thornton

 

とても気さくな先生で(中央)、同行した森嶌先生、寺山先生とも、こうした領域を日本でも活用できればと、連携していきたいと思います。

Sound Healingの領域からは、Teresa Helgeson, CHT, RMTの講演がありました。自然に触れることの重要性は、みんなが理解しているものの、特に日本における日常の生活は、自然に触れることとは程遠く、ストレスフルです。

 

サウンドヒーリング

 

機器を用いて、植物が発する音をきくことができます。植物は、日々 私たちが聞こえないだけで、音を発し、しゃべりかけている。頭で考え、ことばを聞きとることだけがコミュニケーションだと思っている私たちにとって、植物の音、ことばを感じることは、自然と一体化し、自身の感性を高め、自身のからだの声をさらにきくことができるようになる。

サウンドヒーリング

 

先生の講演で、今の子供たちは、収監されている犯罪者と同程度の時間しか、外には出ない、という内容は、ドキッとさせられました。ゲームが氾濫し、通信機器が発達し、犯罪などが多発する社会では、子供たちが外で遊ぶ、自然に触れる機会はかなり制限されています。患者さんにもいつもお伝えしていますが、子供たちにも、大地に触れ、地球とつながるアーシングの時間をとることが必要です。

 

さらに、Sound Healingの実習として、フルート演習がありました。この音色は、はじめて耳にするはずなのになつかしく、こころとからだが包みこまれる、そんな素晴らしいものでした。少し習っただけの、自分の音色でも、なんとも癒される音でした。

フルート

 

機構で活動を共にしている森嶌先生、ご自身のガン体験、回復経験などを熱くお話しいただいた寺山先生に感謝です。豊かな自然にあふれた聖なる地 Unity villageでの学びを、今後日常の診療に活かしていきたいと思います。

泉  

 

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

2018.09.11更新

International Society for the Study Subtle Energies and Energy Medicine    ISSSEEM

聞きなれない名前だと思います。目に見えない領域については、現代医学としての科学的根拠(いわゆるエビデンス)が最重要とされる医療の世界では、活かされることは少ないのが現状です。特に日本ではなおさらです。

 

こうした、いわば ”目に見えない領域” について、学び、話し合い、高めあうことを目的とする学会が、ISSSEEMといえると思います。今回で第25回を迎えたこの学会に、日本ホロス臨床統合医療機構で活動をご一緒にしている森嶌先生とともに出席させていただきました。さらに、この会のメンバーであります、寺山心一翁先生とも現地で合流しました。

森嶌先生と

 

カンザスシティにあるUnity Village Holos University で行われますので、東京からシカゴを経由して、カンザスシティに入りました。関西国際空港が台風で被害を受けましたが、今回は伊丹空港出発でしたので、出発できました。自然豊かな地域にある、Unity Villageは、そこに行くだけで浄化を感じるほど、素晴らしいところでした。

チャペル  泉

 

インド・アーユルヴェーダについての知識も豊富なDr.Richa Joy Gundlapalliは、エネルギー医学のエキスパートで、チャクラ活性化などのレクチャー

『 Harmonizing your inner self 』では実演を交えた素晴らしいお話でした。到着後にまず参加させていただき、移動の疲れも吹っ飛ぶような気が流れました。

Gundlapalli

 

夜には、Musical Healingの時間があり、indian flute,tibetian bowlなどを使った演奏では、覚醒と睡眠の間、meditationを体験できました。Chapelで行われるということもあり、これまでの経験のない心の状態になりました。

musical healing

 

ご自身が、進行がん患者、そしてそれを見事に克服され、自身の体験を世界に伝え、発信し続けておられる寺山心一翁先生にも、色々なお考えをお聞きする時間があり、あらためて実際に病気、治療、健康回復を経験されてきたご本人から、私たち医師が学ぶことがたくさんありました。

 

Jet lagを感じながら、初日は聖地で爆睡できました。

投稿者: きたにし耳鼻咽喉科

前へ 前へ
TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら
Doctorsfile