書籍案内

耳鼻咽喉科医だからわかる意外な病気、治せる病気

『耳鼻咽喉科医だからわかる意外な病気、治せる病気』(現代書林)

全国書店・Amazonにて平成26年12月16日発売です。
こちらをクリック。

★一般の方にむけて、耳鼻咽喉科に関連する病気・治療法を紹介しています。
★わかりにくい、からだの解剖や疾患の解説にページをさいている本が多いなと感じていましたので、症状や診察の時にいただく質問をタイトルにして、病気について説明しています。
思い当たる症状や、気になる症状の項目から、読んでいただけます。
★実際に耳鼻咽喉科の病気をお持ちの方だけでなく、健康や病気について、普段から興味をお持ちの方などにも、お読みいただければと思っています。
★耳鼻咽喉科開業医としての、経験、取り組み、考え方、診断・治療、について書いています。
悪性腫瘍や癌については、通常の診察では診断したり、ご相談をお受けしていますが、継続的に診察をさせていただく方は多くありませんので、ほとんど書籍内では触れませんでした。
ぜひ、第2弾を書かせていただく機会があれば…。

わかさ夢MOOK50 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎が一挙に退く!

『わかさ夢MOOK 50 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎が一挙に退く!』

こちらをクリック!

★おかがさまで、執筆させていただいた 2017年4月発売の「夢21 副鼻腔炎特集号」が大変好評をいただき、今回あらためてわかさ夢MOOKという形で発売されることになりました。

★いつもヨガのご指導いただている、山本ヨガ研究所 山本正子先生と、雑誌記事でもご一緒させていただきました。先生考案の鼻ヨガもとても効果的で、好評です。私のクリニックでもご指導いただいています。

★いつもお話しているように、西洋医学的な検査、診断、治療も必要な場合も多いのですが、治療の効果がない、薬をずっと飲む・手術することには抵抗がある、継続的に自分でケアしていきたい、というお声も多く聞かれます。そうした方には、ぜひご一読いただきたい内容です。

医師たちが選んだプラセンタ療法

『医師たちが選んだプラセンタ療法』(現代書林)
平成29年5月 発売になりました。

こちらをクリック

★幅広い治療効果をもつプラセンタ療法について、各診療科の先生方のお話が掲載されています。

★耳鼻咽喉科領域の治療について、執筆させていただきました。

★他の治療同様、プラセンタだけでなんでも治るということではありませんが、劇的な効果を認める患者様もおられることも事実です。耳鼻科疾患においても、治療選択肢の1つとして、期待しています。

★特定の部位にだけ効果があるわけではないので、治療目的の部位・臓器以外の不調や症状が改善することも多く、よくいわれますが、副作用ではなく、「福」作用があるところも、プラセンタ治療のいいところでしょうね。

夢21 平成29年4月号

『夢21 平成29年4月号』
★副鼻腔炎、花粉症、アレルギー性鼻炎などについての特集です。

★いつもお世話になっている、山本ヨガ研究所 山本正子先生の「鼻ヨガ」も紹介されています。1回でも効果的、続ければさらに効果が実感できる、ヨガです。

★症状として、鼻炎のくしゃみ・鼻みず・鼻づまり、はもちろんなのですが、診察をしていると、鼻やのどの違和感・異物感、鼻がのどに流れる感覚の後鼻漏でお困りの方はとても多くなっています。長期間薬を飲んで、耳鼻科に通院されても改善されていない方も、毎日のようにたくさん受診されます。ご紹介したケアなども含めて、少しでも症状改善にお役に立てればと思います。

わかさ 平成29年4月号

『わかさ 平成29年4月号』
★耳鳴り、難聴、めまいの特集号に、当院の治療が掲載されます。

★食の話、プラセンタの話になっています。お困りの方が多い症状ですので、当院でも患者様と相談のうえ、色々な治療方法で、少しでも楽になってもらえるようにと診察しています。

★よく、「治る治療ならやります」という方がおられます。受験勉強の例えをするのですが、「合格する参考書なら勉強します」と同じで、最終的には、薬が治してくれる、参考書が合格させてくれるわけではありません。

もちろんお気持ちはその通りかと思いますが、ある程度 個々の状況にあったものから選び、実際に治療効果をみていただくことになります。私たちは、少しでもそのお手伝いができればと考えています。

わかさ 平成28年11月号

『わかさ 平成28年11月号』
★当院の記事が掲載されます。

★食事指導、特に乳酸キャベツを中心に、難聴、耳鳴だけでなく、副鼻腔炎、のどの腫瘤などが改善した、うれしい報告をいただいています。

★「雑誌の先生の記事を見て、食事に気をつけると、長年苦しんだ、母の難聴や耳鳴りがよくなりました。」と、遠方からわざわざ電話してくださった患者さんもおられました。一度も診察はしていませんが、とてもうれしい報告でした。

★いつもお話ししているように、食事だけがすべてではありませんが、身体をつくる、細胞をつくるもとになる食を、もっと見つめ直して、大切にしていただきたいと思っています。

わかさ 平成28年3月号

『わかさ 平成28年3月号』
★耳鳴り、難聴の特集号に 当院での取り組みをとりあげていただきました。

★今回は、
●プラセンタ
●交流磁気治療
●食事指導
を中心に、難聴、耳鳴が改善した患者さんの実際の例を挙げて、紹介しています。

★調子がよくなった患者さんは、全員といっていいくらい、病院からの処置、薬、機器治療だけでなく、運動、食事、こころの持ち方など、ご自身で積極的に取り組まれた方です。決して、~だけ食べれば治る、~という治療機器だけ使えば治る、ということではありません。いつも、患者さんとお話して、ご本人の取り組み方や、食養生などをお聞きすることが、私の勉強や楽しみでもあります。

壮快 平成27年7月号

『壮快 平成27年7月号』

記事を掲載していただきました。

★腸内環境の改善は、お腹の不調のみならず、からだ全体の調子を整えるために たいへん重要です。
もちろん アレルギー疾患、花粉症なども 腸内環境の悪化に大きく関係しています。

★内科医だけでなく、私たち耳鼻科医も 腸内環境改善の大切さを強調していく必要があると思います。
また 不要な薬の処方 特に抗生物質の乱用は、処方する私たちもあらためて自身の治療の仕方を見つめなおさないといけませんね。

論文掲載「還元電子治療」 平成27年

論文掲載「還元電子治療」 平成27年

★当院では、機器を用いた還元電子治療を行っています。

★酸化した、いわゆる ”さびついた”細胞を治療することで、各臓器の調子を取り戻し、症状を緩和させていきます。

★当院で経験した 難聴や耳鳴り患者様の実例が、論文という形になりました。他の領域の先生がたからも、良好な経過の患者様の報告があり、今後もエビデンスを積み重ねていき、この治療の有効性が明らかになっていくことを期待します。

壮快特別号 平成27年11月

『壮快特別号 平成27年11月』

★今井一彰先生の「あいうべ体操」の特集号です。当院でも、患者さんにおすすめしており、雑誌掲載していただきました。
★鼻呼吸の大切は、あらためてお話する必要もありませんが、いま流行りのナ●イーや、プ●ズマクラスターといった家電製品を使うこともいいのですが、鼻という素晴らしい、最新最高の ”加湿・空気清浄器” の使用をおすすめします。
★口呼吸になっていることは、のどがいたい、咳が出る、いびきをかく といった、呼吸器症状だけが問題ではありま 
せん。ありとあらゆる病気、疾患、症状と関連しており、まずは口呼吸を改善し、自然な鼻呼吸になることが、全身の健康の第一歩だと考えています。

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら