めまい・メニエール病

こんな症状をお感じではありませんか?

  • 自分、または周囲がぐるぐる回っている感じがする
  • 雲の上を歩いているようにふわふわする
  • めまいにともない、聞こえが悪い、または、耳がつまっている

患者様から症状や経過などを詳しくおうかがいするとともに、一見、症状を無関係に思われる「食生活」や「便通」などの生活習慣を振り返ることで、原因を探り、有効な治療方法を検討してまいります。

めまいを発生させる代表的な内耳の病気

メニエール病

めまいを起こす代表的な病気です。内耳の内リンパ水腫が原因で起こるとされています。
症状として、めまいとともに「耳鳴り」「難聴」「耳づまり」「吐き気」などが発生します。一般的に片方の耳に起こるとされていますが、稀に両耳に起こることもあります。

良性発作性頭位めまい症

「頭を動かすと目が回る」「寝返りを打つとめまいがする」などの症状をお感じになった時は、良性発作性頭位めまい症が考えられます。良性発作性頭位めまい症は、耳石器(頭や体の傾き具合を感知する器官)の障害によって起こるとされています。また、「慢性中耳炎」「頭部打撲」「結核」と深い関わりがあると考えられています。
良性発作性頭位めまい症では、眼振検査によって目の動きを確認し、めまいの状態を調べます。「薬物治療(必ずお出しするわけではありません)」「リハビリ治療」「運動療法」などの治療方法により、症状を改善に導きます。

前庭神経炎

片側の内耳が障害を起こし、突然強いめまいが起こる病気です。原因は不明ですが、めまいの前に、かぜ症状があることも多く、ウィルスが関係しているといわれています。
急に、激しい、回転性のめまいが起こるため、他のめまい疾患と区別がつきにくいこともしばしばあります。前庭神経炎では、めまい症状が、数日〜1週間程度続くことが多く、吐き気や冷や汗を伴いますが、難聴や耳鳴りの症状を伴わないのが特徴です。
特効薬はなく、安静が基本になります。症状がつよい場合は、入院となる方もおられます。早めに日常生活に戻れるように、症状に応じて、めまいのリハビリテーションを行う場合もあります。
なお、小脳の出血など、大きな病気と判断が難しい場合もありますので、耳鼻科、脳外科、神経内科など、専門的な診察や、画像診断を受けていただく方がよいでしょう。

検査

めまい、ふらつきで他の耳鼻咽喉科を受診し、「異常なし」と言われたが症状がいっこうに改善しないために、当院へお越しになる方も大勢いらっしゃいます。こうした方に対してしっかりと検査を行うと、耳鼻咽喉科以外の病気、例えば貧血、低血糖症、低血圧症、甲状腺の異常などが見つかる場合があります。
当院では、他院で「異常なし」と言われた方につきましても、しっかりと検査し、症状の原因を探って改善を目指してまいりますので、「何軒も病院を回ったが、どこからも異常なしと言われた」「いっこうに症状が改善しない」とお悩みであれば、一度当院にご相談ください。

赤外線CCDカメラ

主に良性発作性頭位めまい症の診断に用います。

聴力検査

メニエール病、めまいをともなう難聴などでは、特に聴力検査が必要となります。

重心動揺計

体のふらつきを検査することで、原因部位を推定します。

自律神経機能検査

当院では、多くのめまい・耳鳴りが自律神経の乱れによって起こっていることから、自律神経機能検査を行っております。
患者様の現在の状態を検査により測定することで、「緊張が強く、交感神経が優位になっているのか?」「疲れ切ってやる気が出にくい副交感神経が優位になっているのか?」を判断します。

血液検査

血液検査では、実に多くの情報を収集することできます。しかし、病院で血液検査を受けたものの、医師から「正常範囲です。異常ありません」と言われただけで、詳しい説明を受けていらっしゃらない方もいます。これは、非常にもったいないと思います。
血液検査をしっかりと診断することで、「貧血」「睡眠時無呼吸症候群」「免疫力低下」「ビタミン不足」「ミネラル不足」など、様々なことがわかってきます。
当院では自院で行った血液検査の内容はもちろんのこと、他院で行った検査についても時間が許す限り詳しくご説明しておりますので、ご自身の健康状態のことをもっと詳しく知りたいという方は、お気軽にご相談ください。

治療方法

当院には、「何軒も病院を回ったが、いっこうに症状が改善されない」「同じ薬ばかりを出される」という方も大勢いらっしゃいます。
そうした方へ「絶対に治ります」と言うことはできませんが、様々な治療方法の選択肢をご提案し、患者様お一人おひとりの生活、考え方、生き方などに合わせて、どういった治療が適切なのか、どういった選択肢が最善なのかを一緒に考えてまいります。

薬物治療

必ず薬をお出しするわけではありません。必要に応じた処方、飲み方などをご提案させて頂きます。
当院では、保険適用の範囲で漢方製剤も使用しております。

リハビリ治療

特に良性発作性めまい症と診断された方には、リバビリ治療を指導致します。また、原因がわからないめまい、ふらつき、頭部外傷後のふらつき、認知症にともなうふらつきなど、状況に応じてめまいのリハビリテーションを積極的に行っている病院を紹介させて頂いております。
これまで、めまいは「安静にし、休養をとりましょう」という指導が行われてきましたが、最近では(めまいの種類によりますが)積極的にリハビリを行うことで、耳だけでなく、脳や小脳、足の感覚などを鍛え、ふらつきを克服できる方が増えています。

手術加療

メニエール病、中耳炎などで手術の適応がある場合には、ご希望に応じて、手術実施可能な病院を紹介させて頂きます。

生活指導・相談

めまいは生活習慣病でもあります。そのため、薬を使用する場合もありますが、食生活、呼吸法、運動、心の持ち方などの生活指導により、症状を改善に導くことができる場合もあります。患者様から症状をおうかがいした上で、適切な治療方法を提案させて頂きます。

よくある質問

Q

メニエール病になって、5年になります。発症当時からあまり薬の効果が感じられず、病院を何件か変えました。めまい・耳鳴り・内耳の圧痛があり、疲れやすくなっています。薬以外に、治療法はありますか。

A

メニエール病をはじめ、めまい・耳鳴りなどの症状は治療が難しく、また調子の波や変動も大きく、さらに精神的な要因に大きな影響を受けるため、患者さんにとってはつらいものと思います。
治療については、通常の西洋薬は、書かれている内容が主で、他に使う薬は少ないです。めまい発作がつよい、難聴が進行する場合にはステロイド剤を使用するこ ともありますが、これについては診察時の判断が必要です。
その他、漢方薬も、しっかりと証をあわせれば効果的なことも多いので、これについても診察いただ き、処方される先生の判断になります。
他の治療として、当院の場合は、プラセンタ、交流磁気治療、分子栄養療法などを併用して治療しています。詳しくは、こちらをご覧ください。
根本的な話としては、やはりその人の生活、もっと大きくいうと生き方が影響します。
これまでの生活で積もった身体への負担、ストレスが病気の原因であること は間違いないので、可能な範囲で生き方を変える、考え方を変える、すべては自分が成長するための課題だととらえて、逆境のときこそ感謝して生活されることを実践してみてください。だんだんと快方に向かっていくと思っています。

Q

めまいのような症状が起こり、生活に支障がでてきたので診察を考えています。回転性のめまいではないのに耳鼻咽喉科で良いのでしょうか?他の科が良いのでしょうか?

A

めまい症状は、比較的日常生活でも経験することの多い症状でありながら、なかなか診断がつきにくく、患者さんも診察する医師側も苦労します。
ご 本人が指摘されているように、書かれている経過のみで、すぐ耳鼻科に関連するめまい、という印象は低いように思います。もちろん、耳鼻科でも診察や検査などは行いますが、内科・神経内科などで、一般的な診察(例えばですが、採血で貧血などの有無を調べる、高・低血圧の有無を調べる、少し詳しくとなると、頭 部MRIなどを撮影する)を受けられてもよいかと思います。
その他、関連性だけでいうと、婦人科的な病気がないか、ストレスや精神的な疲れがないか、なども考える必要があるかもしれません。

TEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちらTEL:06-6902-4133 メールでのお問い合わせはこちら